プラセンタの効果はどれくらい続く?

最近でこそ、アトピーにもプラセンタは効くといわれてきましたが、元は美容のためにプラセンタを内服、もしくは注入している方が多く、近年ますます増えていますね。最近では「プラセンタ療法」と呼ばれているプラセンタでの治療も増加しています。

今日は、プラセンタを体内に取り入れた場合、どのくらい効果が継続するのかや、どの程度で効果を実感できるようになるのかについて注目しながらご紹介していきましょう。

疑問

プラセンタの持続性とは

カレンダーまず、プラセンタは内服・注入(注射・点滴)と方法が選択できます。 その方法にもメリット・デメリットがありますので、まずはその点をご覧下さい。
「内服の場合のメリット・デメリット」 サプリメントなどではなく、医者が処方するプラセンタを内服として取り入れた場合の大きなメリットは、

  • 気軽に継続できる
  • 献血できないなどのデメリットがない
  • 痛い思いをしなくても良い


このように言われており、デメリットは注射や点滴に比べると少し劣る点です。 「注射の場合のメリット・デメリット」 週に1~2回のペースで注射を行うと高い効果を発揮すると言われている注射によるプラセンタの注入の大きなメリットは、




注射の場合のメリット・デメリット
  1. 即効性がある
  2. 内服よりも効果的


このように言われており、デメリットは、

  1. 献血ができない
  2. 副作用の心配が出てくる
  3. コスト面で継続が厳しい


などと感じる方が多いようです。

点滴のメリットは、
  1. 注射よりもさらに即効性が高い
  2. 吸収率に優れている分持続性は低い
  3. 効果の実感力が高い


この3点が主に挙げられており、デメリットは、
  1. 献血ができない
  2. コスト面で負担が大きい
  3. 時間がかかる
このように言われています。

女性医師
内服・注射・点滴の持続性
どの方法にも共通しているのは、治療を続けるほど長い時間持続するという点です。

例えば、注射の場合は主に3~4日間効果が持続しますが、週に2回を1ヶ月続けていると、2ヶ月目からは週に1度でも効果が持続するというお医者さんもいますし、内服は期間が長ければ長いほど効果も高くなります。 参考サイト:プラセンタ注射について

持続性が一番低いのは点滴で、効果に優れている分吸収率が高いというのが難点でもあります。 内服・注射・点滴全てにおいて、ご自身のライフスタイルを考えてから開始するのが一番良いと言えますね。

効果を実感するまでには個人差がありますが、内服の場合はおよそ3ヶ月間。 そして、注射・点滴の場合は1ヶ月程度が目安です。

また、注射や点滴は病院によってかなり金額に差が出ます。 そのため、しっかりとリサーチしてから治療を開始することをおすすめします。

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報