プラセンタでアトピー悪化?副作用と注意点

プラセンタ治療の注意点 美容業界や医学分野でも注目されているプラセンタですが、プラセンタは効果が高いと言われている分、やはりリスクも気になりますよね。

プラセンタはアトピーニ効くと言われる口コミも聞きますが、逆に悪化したという口コミも聞きます。なにが原因かははっきりしませんが、プラセンタにも多少なりとも副作用というものがあるので、それを悪化と捉えているのではないかとも考えられます。

どんなに効果が高いと言われていても、それを上回るようなデメリットがあるのならばプラセンタでの治療は難しくなりますし、納得した上でプラセンタの治療を行わないと、後に「大変なことをしてしまった」と後悔してしまうかもしれません。

そこで、プラセンタ治療で後悔しないためにも、最初に知っておきたい注意点についてお話しておきたいと思います。

プラセンタ治療は副作用がある!?

今まで、プラセンタの治療で重大な副作用が出た事例は日本にありませんが、注射などの直接注入は、
  1. 吐き気
  2. 悪寒
  3. 発熱
  4. 湿疹
  5. 月経異常(女性の場合)
このような副作用の可能性があります。 これは、著しく体力が消耗していたり、アレルギー体質の方が反応が強く出ている際にプラセンタ療法を取り入れた際に起こりやすい副作用で、通常の人が行った場合はあまり心配する必要性はありません。

ですが、プラセンタはホルモンと密接な関連性があり、母乳の分泌を促進したり、更年期障害の諸症状を緩和する一方、女性の場合は月経異常などを起こす可能性もありますので、副作用が現れた際には直ちに治療を中止しないといけません。 また、注射や点滴というのは献血ができなくなりますので注意してください。



今までプラセンタを静脈に注入した際の臨床実験では、様々な副作用が報告されていますので、基本的には認可されていません。

即効性があるという理由で、点滴を行っている病院はいくつかありますが、基本的には吸収率が高く持続性もないので治療には適しません。 どちらかというと、美容目的で行う方が多い印象ですが、あくまで自己責任であることを忘れないようにしましょう。

プラセンタが太るという説は本当か

ペンと紙プラセンタ治療を始めると、副作用で太るのではないかという噂が多く出回っています。

しかし、実際にプラセンタにカロリーがあるわけでもありませんし、むくみやすくなるわけでもありません。 では、なぜこのような噂があるのかというと、プラセンタを取り入れることで体内が健康的になり、食欲が増すのが原因ではないのかという説と、肌細胞が活性化されて弾力がアップするからなのではないかという説があります。

どちらにしても、「太る」という説に根拠はないのであまり心配する必要性はありません。

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報