アトピー性皮膚炎治療

アトピー性皮膚炎って本当に辛いですよね。 人間は、痛みよりも痒みの方が耐え難いと言われているほど、激しい痒みを我慢するのは難しい生き物です。
 
そして、今現在日本国民の1~2割はアトピー性皮膚炎を患っているという統計も出ているほど増加傾向にあり、アトピー性皮膚炎の治療というのはどんどん進化しています。 では、完治することはないと言われているアトピー性皮膚炎の、一般的な治療法についてお話していきたいと思います。

アトピー性皮膚炎治療1 漢方薬

漢方薬アトピー性皮膚炎は、小さな乳児からお年寄りまで幅広く発症する疾患のため、治療薬にはなるべく副作用が少ない「漢方薬」を選択する人が増えています。

漢方薬である東洋医学の考え方は、体の根本から見直し、アトピー性皮膚炎に陥る環境を改善するというもので、メリット・デメリットで好みが大きく分かれます。

「メリット」 ・副作用のリスクが低く抵抗力の低い子供からお年寄りまで利用可能 ・アトピーだけではなく、喘息や花粉症などの体全体のアレルギーに効果的 ・長期間服用しても問題ない 「デメリット」 ・即効性は期待できない ・効果については個人差が大きい

注目されているプラセンタは、「身体の中の免疫をつける」という意味で良いとされているかと思いますので、どちらかと言えば、漢方系のような感じではないでしょうか。



アトピー性皮膚炎治療2 ステロイド治療

皮膚が炎症を引き起こしている状態で、漢方薬を飲み始めても正直効果は薄いというのが現状です。 そこで、即効性に優れているのが「副腎皮質ホルモンステロイド」です。 ステロイドには5段階の強さがあり、症状に応じて医者で見合った強さのステロイドが処方されます。

当然強ければ強いほど効果はありますが、その分副作用のリスクは高まります。

そのため、子供には弱いステロイドを使用するのが基本です。

ステロイドは、使用すると数日で患部の炎症を抑えてくれて症状を安定させますが、使わなくなると再発する可能性も高いので、使い方を誤ると怖い薬でもあります。

アトピー性皮膚炎治療3 内服薬

アトピー性皮膚炎は、体の中でヒスタミンという物質が大量に放出されて症状を発症するため、このヒスタミンを押さえ込む「抗ヒスタミン剤」などが内服薬として有効です。

特に、痒みが強くて我慢できないというケースに多く処方されますが、眠気などの副作用も出やすいため、車の運転などを日常的にしている方は医師との相談が必要です。

ほかにも、民間療法などもたくさん存在しますが、だいたい皮膚科に行くと上記のような治療を行うのが一般的ですね。 年齢や症状の現れ方などにより治療方法は異なりますので、自分に合った納得できる治療を探しましょう。

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報