女性にとってはメルスモン

プラセンタを知っていくうちにその効果にとっても魅力を感じてしまうわたし。

知ってました?プラセンタってスキンケア商品やサプリメントだけじゃなくて注射もあるみたいなんです!

もちろんプラセンタ注射の場合は医療用で使用するなら婦人病や肝臓病と医療機関のみでしか扱っておらず、しかもヒト由来のモノのみが注射として認められているんですって。

そしてサプリメントや化粧品にはヒト由来のプラセンタを利用することは禁じられているそうです。 注射は直接血液の中に送り込むわけだから、その効果はかなり期待出来そうですよね。

話は違いますが、わたしは鼻に持病があり、以前悪化してとても苦しんでいた時に総合病院のある外科の医師が当番医として診てくださった時のことです。

たまたまその医師もわたしと同じ持病を持っておられて、その苦しみをすぐに理解してくださり、飲み薬ではなく、すぐに抗生物質の点滴を施して頂いたのですが、それはもう即効で効き、痛みや症状が治まっていくのが感じられるほどでした。

おおげさに聞こえるかもしれませんが、抗生物質の飲み薬と痛み止めを長い期間飲むより遥かに効きました。

ということは、プラセンタも注射で取り込めば即効で効果があらわれるんじゃない? でも少し不安があると言えばあるかも。その不安材料は、所詮他人の胎盤からの贈り物。



もちろんお高いんでしょ?しかも医療目的ならともかく、美容目的となるとどこに行けばいいの?

品質に関してみると

プラセンタ注射にも種類があって、同じ医療目的でも肝機能の治療には‘ラエンネック’、ホルモン系の治療には‘メルスモン’という製剤があるようです。
女性が必要とするならば‘メルスモン’のほうかな。

その‘メルスモン’はメルスモン製薬の製品。日本で医薬品として認可されていて、その歴史は50年とその実績だとか。副作用の心配も、ないとは言い切れなくとも、他の薬と同じレベルのごく稀に…みたいな感じです。

どんな薬にも副作用の心配があり、しかもヒトの胎盤からの抽出物となれば安全性は必須。

 疑問

品質はクリアしたとして、ではどんな時に利用できるのか?

さしあたり今後訪れるであろう更年期障害。

どうやらその症状を改善してくれるというのです。
今までに家族や親せき、友人や仕事関係で更年期の症状を訴える人は何人も見てきました。突然汗がだくだく出てくる。

倦怠感や憂鬱な気持ちが半端じゃない。イライラも尋常じゃない。
情緒不安定にもほどがある!などなど…

自分のことなのに、まるで何かが憑りついたような気さえするくらい不安定な気持ちや、体の症状が出るとその人たちは言ってました。怖いですね。

わたしも主人が1年半ほど海外へ赴任していた時に子どもが小さかったこともあり、毎日がめまぐるしく仕事も家事も育児も…の生活で更年期と同じような症状になったことがある。

心配だったから病院で検査してもらったら更年期ではないが、心労と過労からパニック障害になりかけていると言われました。その時は出された精神安定剤も飲まずに、自力でそうならないように考えを変えたんです。

でも更年期は、ホルモンの減少により起こること。なんだかちょっと不安になってきました。

 

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報