プラセンタ注射というものを知っていますか?

  ヒトの胎盤から有効成分を取り出し、注射によって体内に取り入れるもので、主に美容目的や更年期障害治療などに用いられます。 プラセンタ注射の種類は、メルスモンとラエンネックという2種類があります。 特にメルスモンに関しては、メルスモン製薬の製品で50年という歴史があります。

メルスモン注射は特に副作用や感染症などは報告されていない、安全性に優れた製品と言えます。 このメルスモン製薬では、プラセンタ注射の他にも、様々なプラセンタ製品を販売しているようです。

プラセンタ注射を取り入れる前に、サプリメントやスキンケア製品を試してみたいという人におすすめですね。 なんといっても医薬品として使用されている製品を開発販売している会社の製品ですから、効果も期待できますし、安心して使用することができるように思います。 まずヘルス&ビューティ-のカテゴリとして、プラセンタやコラーゲンをたっぷりと配合した化粧水や美容液が販売されています。 スキンケア商品には、効果が非常に高いとされる豚由来のプラセンタを使用しているようです。プラセンタ原液100%の製品もあります。 化粧品一覧⇒ ※他プラセンタ注射等の効果について 普段のスキンケア製品にプラスアルファとして取り入れてみるのもいいですね。 スペシャルケアとして使われるパックや、毎日利用する洗顔石鹸にもたっぷりとプラセンタエキスが含まれています。


次に健康食品も見てみましょう。顆粒状のサプリメントやカプセル状のサプリメントなど、用途に合わせて様々な製品があります。 飲むプラセンタとして液状のものもあるようですね。健康食品一覧⇒ ※amazonでみる(プラセンタサプリ) サプリメントに関しては、医療目的ではなく、あくまでも美容効果を目的とした商品だとおもいます。プラセンタに加えて、アミノ酸やビタミン、コラーゲンなどをバランスよく配合して、美肌と日々の健康維持にやくだってくれるようです。 プラセンタエキスを使用したサプリメントは世の中にたくさんありますし、スキンケア商品も豊富にあります。

そこでどれを選ぶか?悩みますが、最終的にはプラセンタ注射を開発するほどの技術力のあるメーカーが製造するプラセンタ配合製品のほうが、よりよいものに感じられると思いませんか?。そのメーカーが、メルスモンなのです!(※ラエンネックを開発するメーカーは日本生物製剤社です) ※日本生物製剤でもGHCというプラセンタ配合化粧品ブランドがありますね。 

プラセンタ入り製品に迷ったら?

プラセンタエキスの正しい量の測り方や、完成したプラセンタエキスの質は国が品質基準をきめていないため、各メーカーによっては製造方法や品質によっては、体内への吸収率も違うとおもいますし、その効果も全く別物だと思います。 最終的には、即効性や医療目的の場合には、プラセンタ注射を利用するのが一番の近道だと思いますが、長い目でみた美容目的であれば、プラセンタ注射メーカーが開発するサプリメントが個人的にはおすすめできます。

どちらにしても続けることが大事なので、途中であきらめないで少なくともプラセンタ療法をするなら3ヶ月は続けてみましょう。 私ももうすぐ30代です。今のうちから若返りの努力をしておかなければ・・・と思っています。 まずはサプリメントから始めて、最終的にはプラセンタ注射のお世話になろうかと考えています。

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報