メルスモンとラエンネックの違い

更年期障害など女性ホルモンの異常分泌が原因で起こる病気などがあります。 特に月経を終えた高齢の女性に多いようですが、更年期障害は年齢とは関係なく発生する可能性がある病気です。 ※病気で卵巣を失うという予期せぬ出来事もあります。 こういった時、大活躍する治療方法としてプラセンタ注射を利用したプラセンタ療法というものがあります。

プラセンタ注射の種類

プラセンタ注射には効果・効能別に2種類の注射剤があります。 ご存知のとおりその製剤は「メルスモン」と「ラエンネック」です。 病院で使用されるプラセンタ注射はこのどちらかになります。それではこの二つには一体どんな違いがあるのでしょうか? どっちも同じなんじゃ?と思いますがそうではないようです。 プラセンタの一般的な効果は同じなのですが、国によって認められているその効果は違います。 そのため、患者の症状によって使い分けられるそうです。


ラエンネックは?

ラエンネックは、もともと「肝機能障害」の治療薬として発売されました。 慢性肝炎や肝硬変症に対して高い効果を発揮し、肝機能再生促進作用や肝総コレステロールを低下させる実証データを持っています。 アレルギー疾患がある患者や小児には使用しないという注意書きもあるため、ラエンネック注入には、医師のもとで細心の注意が必要になります。 また、2003年以降は、医療用として以外の用途の厳しい制限が設けられました。 ラエンネックは、基本的に注射液となりますが、同メーカーからは内服薬も発売されており、JBPポーサイン100」というサプリメントとして市販されています。

ホルモン系の治療に利用されるのはメルスモン

メルスモンに関しては、乳汁分泌不全や更年期障害といったホルモン系の治療に使われます。この場合、治療目的となりますので、保険が適用されると思います。なのでそんなに高額な費用はかかりません。 メルスモンの安全性は確立されており、国内の感染がないと確認されているヒト胎盤を原料にしながら多種アミノ酸を配合しています。 酸で加水分解する事や、滅菌に力を入れているため、安全性を第一に配慮して生産されています。 投与は皮下注射が基本となっており、使用上の注意にも「皮下注射のみに使用すること」という記載があります。 過去の臨床実験データでは、更年期障害の改善に大きな効果を発揮しており、有効率は77.4%というデータも存在しています。
製造方法の違い
また、ラエンネックとメルスモンは製造方法も違いますので、やはりリキカも違います。 当然含まれる成分や特性も若干異なるので、医療機関はその症状によって使い分けてるって訳です。

まり、アンチエイジング効果も期待できます。 病気の改善もそうですが、美白や体力回復、アレルギーなどの症状も改善するそうです。胎盤ってある意味万能薬みたいな感じがしますね。 赤ちゃんに栄養を送る大事な器官なわけですし、それによって人間が育つって思うとすごい臓器なんだと改めて思います。 それに、常に存在している臓器じゃなくて、妊娠した時にしかできない臓器ということも神秘的なものを感じさせます。 更年期障害などの、女性ホルモンによる病気に苦しんでいる人には、是非プラセンタ注射(メルスモン)を利用した治療をおすすめしたいです。 行ったことがない人は、一度医療機関に相談してみるといいですね。 改善する可能性があるなら、我慢する必要はないと思うんですが、やっぱり元気で健康な日々を過ごしたいですよね。 プラセンタ注射は、辛い更年期障害も改善してくれますし、ついでに美容効果も得られるというものなので一石二鳥ですね。 機会があれば、医師と相談しラエンネックやメルスモン注射を治療に取り入れてみましょう。すぐに効果を感じることができると思いますよ。 日本でプラセンタ注射を開発した世界的に有名なメーカーは2社のみ! 「日本生物製剤」と「メルスモン製薬」です。この点は私も勉強になりました。

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報