この記事は約 5 分で読めます。

プラセンタを製造している会社の信用性について

医者

最近、プラセンタは通販で簡単に購入できるようになりました。
通販サイト、TVショッピングなどで販売しているプラセンタも様々で、いろいろなメーカーから販売されていますので、選択肢がたくさんありすぎて、どれを購入したらよいのか迷ってしまいますよね。
そこで、どのようなプラセンタを購入すべきか、注意すべきポイントをいくつかご紹介します。

  1. 製造工程(抽出方法)=質
  2. 原料の種類と配合量
  3. コスト
  4. 口コミ

人によってどこを重視してメーカーや商品を選ぶのかは異なりますが、個人的には一番最初に見ていただきたいのが、上記1.と2.からなる「安全性」です。

プラセンタは、日本語で言うと「胎盤」であり、コラーゲンやヒアルロン酸とは全く違います。
そのため、どのような動物を使用して、どのようにプラセンタエキスを抽出しているのかはとても大切ですし、どのような公的検査機関を通しているのかも購入する前の判断基準として見ていただくのがベストです。




今日は、プラセンタを製造しているメーカーの安全性について見ていきましょう。

こんなメーカー(製造会社)には気をつけよう

基本的にはどのメーカーも商品を売りたいですよね。
そのため、プラセンタの効果・効能をたくさん並べて、中には口コミをねつ造するメーカーさえあります。

過去にあるテレビ番組が独自でサプリメントの成分を調べたことがありました。(プラセンタではありません)
約30社ほど調べた結果、記載の含有成分や含有量と大幅に異なる結果が出たのが数社
そしてなんと、全く含まれていなかったのが1社あったのです!
一瓶7000円ほどの商品でした。

おそろしい話ですね。。。

購入する側は素人であり、メーカーのどこに注目したらよいのかはよくわかりませんよね。
そのため、まず、絶対に気をつけたいメーカーの特徴をご紹介します。

「気をつけたいポイント」

  • プラセンタの効果ばかりで、抽出方法や粉末化方法などの製造工程について記載がない
  • どんな環境で育った、どの動物のプラセンタを、どのくらい使用しているのか記載がない
  • ネット通販の場合、電話番号が記載されていない
  • 電話で質問した際の対応がいい加減

以上の内容が1つでも当てはまる場合は注意が必要です。

記載がいろいろあっても、素人には判断できない記載の仕方があります。
プラセンタの一日の摂取目安量は、プラセンタ原末/純末で100mg以上となっています。
あくまで、純度の高い原末の場合です。

これはプラセンタ注射の1アンプルの量なので、経口摂取が同じ程度体に吸収されるかというと、2-3割程度だという話もあります。
効果は人により異なりますので、商品によっては1日の摂取量が原末で1000mgと提示しているものもれば、2000mg以上とされているものもある理由です。

プラセンタから不純物を取り除いたものがプラセンタエキス

プラセンタエキスから水分と不純物を取り除いたものが原末/純末です。

JHFAマークって?

実は2013年、日本健康・栄養食品協会により、プラセンタ食品の品質規格基準(JHFA規格基準)が公示されました。

つまりJHFAマークを有するプラセンタ商品は、以下の基準が満たされていることを証明するというものです。

  • 原材料である胎盤の供給元(農場)が発行した証明書が提出されていること
  • 第三者分析機関による原料検査成績書が提出されていること
  • 豚と馬の胎盤に限定すること
  • 原料とするプラセンタは満期出産時に後産として得られる食用の胎盤であること
  • 子宮などの外的器官は含まないこと ※ただし、海外産の場合は屠殺後に胎盤を採取しているところもある
  • 原料規格に遊離アミノ酸の含有量の詳細条件を追加⇒単にアミノ酸を追加しただけの偽造プラセンタを排除するため、などなど、他にも詳細な原料規格が盛り込まれています。
  • 表示を「純末」に統一すること
  • 最低でも純末を100mg以上含有すること

参考:健康産業流通新聞 http://www.him-news.com/news/view/185

消費者としては嬉しい限りです。

「JHFAのマークがついているもの」を大きな選択肢に入れると良いでしょうね!

JBPマークって?

JHFAマーク以外にも業界基準として品質保証の規格があります。

医療用プラセンタの製造元、日本生物製剤(JBP社)の自主規格、「JBPマーク」です。
JBP社の商品はもちろんのこと、1日の摂取量に100mg以上JBP製プラセンタを含む商品に付けることが許可された規格です。

JBP製プラセンタ原料を使って独自の配合で商品を開発・販売する医療機関もありますので、最終的な商品名が違ってもこのマークがついていれば品質は保証されていることになります。

JHFA、JBPマーク以外にも規格がありますので、こちらの記事も参考にしてくださいね。⇒危険なプラセンタ食品を見極めるには

特に医療機関で推奨しているプラセンタサプリは、治療目的としているため推奨摂取量の『桁』が違ってきます。
2000mgというのも充分にあり得ますので、心配な場合は100mgから少しずつ増やして様子を見ていくと良いでしょう。


安全性が高いメーカーの選び方

安全性を第一に販売しているメーカーもきちんとあります。

馬

例えば、肝機能障害の治療薬であるプラセンタ注射「ラエンネック」を開発している日本生物製剤社は、サプリメントも発売しています。
このように、実績あるメーカーから発売されているサプリメントは安全性が高いと考えて良いでしょう。

また、口コミでとても評価が高い馬サプリメント「エイジングリペア」なども、原料となる馬の産地や産地となる国の認めた証明書などを公開しています。

このように、効果・効能や価格ばかりを広告しているメーカーではなく、きちんと安全性について明記されているメーカーを選択するのが大切です。

全額返金保証に騙されない

プラセンタサプリメントを販売しているメーカーの中には、効果が得られなかった場合の返金保証を記載している場合があります。

しかし、この返金保証についてかなりトラブルが報告されており、単なる客寄せに明記している場合もありますので、購入の際は返金保証の条件などをしっかりと確認するようにしましょう。









その他関連キーワードから探す


注目!プラセンタとは?人気の記事はこちら




プラセンタを製造している会社の信用性についてへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

品川スキンクリニック札幌院へのくちコミ・評判 (かこさん)

品川スキンクリニック札幌院はお勧めです。私はここしか行きません。今日も行って来ました。

院長先生。凄く素敵な方。イケメンです。なのに高飛車では全然ありません。

凄く優しくて親身にカウンセリングをして下さります。童顔になりたいです。と無理な恥ずかしい私の相談にも答えてくれます。
看護士さん。受付の方々も優しくて通いやすいです。
1ヶ月に一回は通ってます。

幹細胞と卵子へのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] 不妊の原因には実にさまざまな原因があります。もともと先天的に遺伝子が欠落しており、受精しても正常に赤ちゃんの身体を形成できない場合。 また、女性では子宮や卵管など、男性では射精に至るまでの道のりや器官に不具合があり、正しく精子や卵子を射精、排卵できなかったり、受精した後子宮の中で維持できない場合。 […]

幹細胞とはへのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] そこで注目されているのが、幹細胞を使用した不妊治療です。幹細胞とは、細胞がそれぞれの部位で、組織の役割を担う前の、役割が決まっていない細胞のことを指します。 もし、この幹細胞を特定の指定した臓器や物質に成長させることができれば、より具体的にいうと、健康な機能をもった精子や卵子、あるいはそれを作り出す臓器として成長させることができれば、加齢により正常に精子や卵子が生成できなくなったケースにおいても、十分に治療が可能となります。 なにより、自分自身のDNAをもった自分の幹細胞を使用することにより、他人の組織を使用する際に問題となる拒絶反応などを気にすることなく、正真正銘自分自身の細胞として使用することができるため、生殖医療においては代理母などを使用せず、より確実に出産できるというメリットが期待されているのです。 […]

自分の細胞から作る化粧品とは?へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

幹細胞コスメ(化粧品)へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報