この記事は約 2 分で読めます。

プラセンタの普及に貢献したドクターや研究者ってどんな人?

研究者今でこそ、日本でもプラセンタの有効性・将来性が脚光を浴びていますが、そうなるまでには多くの研究者や医師の努力がありました。

ここでは、わずかですがそういった方々の功績を紹介したいと思います。

V.P.フィラトフ氏

旧ソビエト(現:ロシア)の組織療法研究者であり、プラセンタを近代医学に応用した第一人者とされる方です。1930年頃、プラセンタに細胞賦活作用を見い出し、「プラセンタ埋没療法」確立のきっかけを作りました。

その後、同氏の研究成果が日本へも持ち込まれ、稗田憲太郎氏といった国内の研究者らの手によって、日本でもプラセンタ療法が発展していくことになります。







稗田憲太郎氏(元・久留米組織再生研究所長)

必ずと言っていいほど名前が挙がる胎盤研究の著名な先生で、同氏の開発した胎盤漿は、プラセンタ治療薬「ラエンネック」(株式会社日本生物製剤)として現代でも利用されています。

また、同氏が発表した「胎盤漿療法」のなかの一節では、プラセンタについて“「最も優れた若返り薬剤であると信ずる」-引用”と述べられており、老化現象を抑える作用や、十二指腸潰瘍、脳卒中、肝斑、夜尿症(おねしょ)などに効果が期待できることを報告されています。

※参考文献:胎盤漿療法 

    上記から抜粋

※余談ですが、同氏の孫にあたる稗田圭一郎氏も、現役の医師としてプラセンタ療法の普及に努めてらっしゃいます。

三林隆吉氏(元京都大学医学部産婦人科第四代教授)

第二次世界大戦中、胎盤(プラセンタ)を使った経口栄養剤(内服薬)の開発に尽力された先生で、稗田憲太郎氏と並ぶ日本のプラセンタ療法の第一人者とされる方です。

すでに亡くなられていますが、先生が開発した内服薬が、のちにプラセンタ配合の医薬品「ビタエックス」(森田薬品工業株式会社)誕生の礎となっています。
開発者

吉田健太郎氏(吉田クリニック院長)

プラセンタに関する広い知見と多くの臨床経験をお持ちで、著書も多数執筆されています。

先生が監修された『プラセンタ医療の現場から』という本の中では、“「自分で自分に打ってみて、副作用のないこと、思いがけない効果にプラセンタの魅力を感じた」-引用”とあります。

※参考書籍:プラセンタ医療の現場から 著書:景山司 監修:吉田健太郎

また、この思いがけない効果について、副作用をもじった「福」作用というように表現し、プラセンタが持つ様々な有効性を提唱されています。

長瀬眞彦氏(吉祥寺中医クリニック院長)

中医学の観点に基づいたプラセンタ・ツボ注射の実習セミナーを行うなど、プラセンタ療法の普及に努めているすばらしい先生で、日本胎盤臨床医学会の代表理事も兼務されています。

プラセンタに関する書籍をはじめ、同学会の研究大会でも多くの発表をされている方です。









その他関連キーワードから探す


注目!プラセンタとは?人気の記事はこちら




プラセンタの普及に貢献したドクターや研究者ってどんな人?へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

品川スキンクリニック札幌院へのくちコミ・評判 (かこさん)

品川スキンクリニック札幌院はお勧めです。私はここしか行きません。今日も行って来ました。

院長先生。凄く素敵な方。イケメンです。なのに高飛車では全然ありません。

凄く優しくて親身にカウンセリングをして下さります。童顔になりたいです。と無理な恥ずかしい私の相談にも答えてくれます。
看護士さん。受付の方々も優しくて通いやすいです。
1ヶ月に一回は通ってます。

幹細胞と卵子へのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] 不妊の原因には実にさまざまな原因があります。もともと先天的に遺伝子が欠落しており、受精しても正常に赤ちゃんの身体を形成できない場合。 また、女性では子宮や卵管など、男性では射精に至るまでの道のりや器官に不具合があり、正しく精子や卵子を射精、排卵できなかったり、受精した後子宮の中で維持できない場合。 […]

幹細胞とはへのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] そこで注目されているのが、幹細胞を使用した不妊治療です。幹細胞とは、細胞がそれぞれの部位で、組織の役割を担う前の、役割が決まっていない細胞のことを指します。 もし、この幹細胞を特定の指定した臓器や物質に成長させることができれば、より具体的にいうと、健康な機能をもった精子や卵子、あるいはそれを作り出す臓器として成長させることができれば、加齢により正常に精子や卵子が生成できなくなったケースにおいても、十分に治療が可能となります。 なにより、自分自身のDNAをもった自分の幹細胞を使用することにより、他人の組織を使用する際に問題となる拒絶反応などを気にすることなく、正真正銘自分自身の細胞として使用することができるため、生殖医療においては代理母などを使用せず、より確実に出産できるというメリットが期待されているのです。 […]

自分の細胞から作る化粧品とは?へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

幹細胞コスメ(化粧品)へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報