この記事は約 3 分で読めます。

幹細胞とは

細胞

子どもを切に願う家族にとって、不妊治療は生命線です。その中でも近年幹細胞使用した不妊治療が注目を浴びてきています。ここでは幹細胞についてご紹介していきます。

私たちの身体は細胞でできている

細胞私たちの身体が細胞という小さな小さな小部屋で成り立っているのは皆さんご存知かと思います。無数の細胞の連なりによって組織ができており、ひとつの人間の身体を構成しています。
しかし、ふとそれぞれの身体の部位に目を向けてみると、ひとつひとつ機能が違っていることに気づくでしょう。手の細胞、爪の細胞、髪の毛の細胞・・・。同じ「細胞」といったもので作られているのにもかかわらず、見た目も役割もまったく異なる部位となっているのが現状でしょう。
これは、細胞にはそれぞれその部位で専属の役割をもつよう、私たちの身体がプログラムされているためです。これを、「分化」と呼んでいます。そして、人間にはもともと持っている新陳代謝の能力があります。一度役割が決定した細胞は、それぞれ一定の周期でまったく同じ役割をもつ新しい細胞へと入れ替わっていきます。
このようにして、私たちの身体は機能不全に陥ってしまわないよう日々つくり変えられ、状態を保っています。

幹細胞はすべての細胞の源

赤ちゃんしかし厳密に言うと、すべての細胞は最初から役割が完全に決まっているわけではありません。私たちが精子と卵子であったころ、こうした役割は当然まだ細胞は持っておらず、人間の形もしていません。
人間の精子と卵子が出会い、受精をした後、徐々に細胞が分裂していき、内にもつ設計図どおりにその形がつくられていきます。このとき初めてそれぞれの細胞に役割が与えられ、個々が専門の機関として分化していくのです。ここで少し視点を変えてみると、分化して役割が与えられる前の状態では、「何の役割も持っていない細胞」が存在していることになります。いいかえると、それは「どんな身体の部位にもなれる可能性のある」細胞と表現することもできます。

この大元となる細胞こそ幹細胞といわれる存在です。もし、こういった細胞をつくることができ、そして人工的に特定の器官へ成長させることができる技術があるとしたら。それは、事故や病気など何らかの形で身体の一部を失ったり傷害を受けた場合、その部位を選択的に作ることが可能となります。そうすれば、今まで治すことのできなかった先天性の心臓疾患やほかの人から組織をもらう臓器移植での拒絶反応を気にすることなく、自分の組織を再生させることが可能となりますね。
これこそが幹細胞治療が脚光を浴びているポイントであり、次世代の医療といわれている部分です。そして、生殖医療においても、精子や卵子をこの幹細胞を使用することで作り出そうとする試みが実行に移されています。

まとめ

私たち固有の細胞から、新たに必要な組織を追加で作ることができたら、さまざまな怪我や病気にかかった場合でもより安全に治療ができそうですよね。神の領域とされていた生殖医療においても、近年こうした発展がみられているというわけです。

 

 









マガジン関連キーワードから探す


注目!プラセンタとは?人気の記事はこちら




「幹細胞とは」への1件のコメント

幹細胞とはへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

品川スキンクリニック札幌院へのくちコミ・評判 (かこさん)

品川スキンクリニック札幌院はお勧めです。私はここしか行きません。今日も行って来ました。

院長先生。凄く素敵な方。イケメンです。なのに高飛車では全然ありません。

凄く優しくて親身にカウンセリングをして下さります。童顔になりたいです。と無理な恥ずかしい私の相談にも答えてくれます。
看護士さん。受付の方々も優しくて通いやすいです。
1ヶ月に一回は通ってます。

幹細胞と卵子へのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] 不妊の原因には実にさまざまな原因があります。もともと先天的に遺伝子が欠落しており、受精しても正常に赤ちゃんの身体を形成できない場合。 また、女性では子宮や卵管など、男性では射精に至るまでの道のりや器官に不具合があり、正しく精子や卵子を射精、排卵できなかったり、受精した後子宮の中で維持できない場合。 […]

幹細胞とはへのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] そこで注目されているのが、幹細胞を使用した不妊治療です。幹細胞とは、細胞がそれぞれの部位で、組織の役割を担う前の、役割が決まっていない細胞のことを指します。 もし、この幹細胞を特定の指定した臓器や物質に成長させることができれば、より具体的にいうと、健康な機能をもった精子や卵子、あるいはそれを作り出す臓器として成長させることができれば、加齢により正常に精子や卵子が生成できなくなったケースにおいても、十分に治療が可能となります。 なにより、自分自身のDNAをもった自分の幹細胞を使用することにより、他人の組織を使用する際に問題となる拒絶反応などを気にすることなく、正真正銘自分自身の細胞として使用することができるため、生殖医療においては代理母などを使用せず、より確実に出産できるというメリットが期待されているのです。 […]

自分の細胞から作る化粧品とは?へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

幹細胞コスメ(化粧品)へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報