この記事は約 5 分で読めます。

プラセンタの原料はどこから入手するのでしょうか

新芽

プラセンタの原料にはどういったものが使われているのか、気になるところです。

一般に売られているのは、馬や豚のプラセンタになります。

よく化粧品やサプリメントで「プラセンタ配合」という文字を見かけますが、この含まれているプラセンタにはきちんと種類があることをご存知ですか?

  • プラセンタドリンク
  • プラセンタサプリメント
  • プラセンタ化粧水

これらに含まれているプラセンタは基本的に動物性のプラセンタになりますが、商品により使用されている動物は異なります。

今回は、プラセンタの種類についてスポットを当ててみましょう。

動物プラセンタの出身地

まずは以下、質が良いとされている各プラセンタの出身地です。

馬プラセンタのおすすめ出身地

北海道産
キルギス産
メキシコ産

羊プラセンタのおすすめ出身地

スイス産
ドイツ産

豚プラセンタのおすすめ出身地

国産SPF豚







プラセンタの種類と特徴

まず、一般的に「プラセンタ配合」と書かれている多くの商品は、「豚プラセンタ」を使用しています。

豚プラセンタは、分子構造が人間と類似しているため、吸収がとても良いとされています。
コストの面でも優れているので、多くの商品は豚プラセンタを使用していますが、安全面での配慮が必要です。
そのため「SPF豚」と表記のある商品が安全性が高く、商品を選択する目安にもなります。

羊

次に、海外で人気が高かったのが「羊プラセンタ」です。

羊プラセンタは、マドンナも使用しているプラセンタなんて噂もありますが、安全性が高いので安心して使用出来るメリットがあります。
ただし、日本ではあまり馴染みがないため、商品化されているものが少ないのと、効果については明確になっていないとも言われています。

そして、動物性プラセンタの中で最強と言われているのが「馬プラセンタ」です。
馬プラセンタは、アミノ酸が豚よりも豊富で健康・美容効果にとても優れています。

ただし、動物性プラセンタの中でも1番高価なため、コスト面ではあまり優れていると言えません。

そして、最後にご紹介するのが人間の胎盤を使用した「ヒトプラセンタ」です。
ヒトプラセンタは、市販の化粧品やサプリメントに使用するのを禁じられているため、入手できるのは医療機関のみとなります。

美容目的や育毛効果を期待する注射や、内服薬にヒトプラセンタは使用されており、肝炎の治療にも積極的に取り入れられています。

もちろん、動物性プラセンタよりも効果は高く、コスト面では一番高いのが特徴的です。

プラセンタの原料の選び方

女医
プラセンタの種類と特徴を見ていただくとわかりやすいのですが、どのプラセンタにもメリット・デメリットがありますよね。
そのため、どれが優れていてどれが駄目だ。などということはありません。

どんなに効果が高いと言われていても、合わない原料もありますし、まずは自分自身の体と相性の良いプラセンタ原料を探してみてください。

ヒトプラセンタに関しては、医療機関でしか取り扱いがないので医師の診察が必要となります。
美容関連の注射などに関しては保険適応外になりますので、そこだけ注意してくださいね。

プラセンタvsコラーゲン

エイジングケアを本気で考え始めた女性にとって、気になるものといえば、プラセンタとコラーゲン。
どっちも体によさそうだけれど、どんな違いがあるの?どちらがいいの?
そうお悩みの方に、プラセンタとコラーゲンのそれぞれの良さをご紹介します。

プラセンタのメリット

プラセンタは、哺乳動物が妊娠した時にできる「胎盤」のこと。サプリメントや化粧品に入っているプラセンタは、豚や牛の胎盤から抽出したエキスを使っています。プラセンタには赤ちゃんをお腹の中で守り育てる栄養がたっぷり。だから、タンパク質やアミノ酸、ミネラル分がとっても豊富。さらに、新しい細胞を生み出す力を持つ「成長因子」(グロスファクター)が入っているのがメリットです。

美容面では、肌のシミ・シワ・たるみといった老化にストップをかけます。肌を生まれ変わらせる、ターンオーバーを促進させるのです。ハリやツヤがアップして、若々しくみずみずしい肌に生まれ変わります。

体全体の健康面からみると、女性に特有の更年期障害に効果的。のぼせやほてり、めまい、そしてイライラ感、疲労感といった様々なトラブルをおだやかに解決してくれます。また、授乳期の女性には母乳が出るようにサポートする力もあります。

コラーゲンのメリット

コラーゲンは、動物の皮膚や、筋肉、骨などを作っているタンパク質のひとつ。細胞と細胞をつなぎ合せて肌にふっくらとしたハリを持たせ、関節がスムーズに動くようにサポートしています。化粧品やサプリメントに使われているコラーゲンは、豚や牛から抽出したもの。ゼラチンをイメージすると分かりやすいです。

コラーゲンはもともと人間の体を構成するタンパク質の1つですが、年齢とともにその質と量が少しずつ落ちてしまいます。それが肌のたるみやシワ、弾力のなさを生むことに。また、爪が割れやすくなったり、髪の毛が細くコシがなくなったりもします。そして膝や腰などの関節痛の原因にもなってしまいます。

コラーゲンは魚や肉などの動物性タンパク質に含まれています。特に、ウナギや鶏肉の皮、牛スジ、ホルモン、手羽先にたっぷり!でも、コラーゲンはもともと分子量が大きいため、これらの食べ物をたくさん食べても、私たちの体内に吸収されるのはほんのわずかしかありません。分子量を小さくして配合したサプリメントなら効果的にコラーゲンを取ることができます。

いっしょに取って、ぷるぷる&もちもち肌に!

プラセンタとコラーゲンが似ているようで全く違うことがお分かりいただけたでしょうか。どちらにもメリットがありますので、両方ともバランスよく取ることをおすすめします。プラセンタとコラーゲンが一緒になったサプリメントもありますので、上手に取り入れてみましょう。ぷるぷる&もちもちな、美肌に近づけるはずです!










プラセンタとは関連キーワードから探す


注目!プラセンタとは?人気の記事はこちら




プラセンタの原料はどこから入手するのでしょうかへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

品川スキンクリニック札幌院へのくちコミ・評判 (かこさん)

品川スキンクリニック札幌院はお勧めです。私はここしか行きません。今日も行って来ました。

院長先生。凄く素敵な方。イケメンです。なのに高飛車では全然ありません。

凄く優しくて親身にカウンセリングをして下さります。童顔になりたいです。と無理な恥ずかしい私の相談にも答えてくれます。
看護士さん。受付の方々も優しくて通いやすいです。
1ヶ月に一回は通ってます。

幹細胞と卵子へのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] 不妊の原因には実にさまざまな原因があります。もともと先天的に遺伝子が欠落しており、受精しても正常に赤ちゃんの身体を形成できない場合。 また、女性では子宮や卵管など、男性では射精に至るまでの道のりや器官に不具合があり、正しく精子や卵子を射精、排卵できなかったり、受精した後子宮の中で維持できない場合。 […]

幹細胞とはへのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] そこで注目されているのが、幹細胞を使用した不妊治療です。幹細胞とは、細胞がそれぞれの部位で、組織の役割を担う前の、役割が決まっていない細胞のことを指します。 もし、この幹細胞を特定の指定した臓器や物質に成長させることができれば、より具体的にいうと、健康な機能をもった精子や卵子、あるいはそれを作り出す臓器として成長させることができれば、加齢により正常に精子や卵子が生成できなくなったケースにおいても、十分に治療が可能となります。 なにより、自分自身のDNAをもった自分の幹細胞を使用することにより、他人の組織を使用する際に問題となる拒絶反応などを気にすることなく、正真正銘自分自身の細胞として使用することができるため、生殖医療においては代理母などを使用せず、より確実に出産できるというメリットが期待されているのです。 […]

自分の細胞から作る化粧品とは?へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

幹細胞コスメ(化粧品)へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報