この記事は約 13 分で読めます。

不妊治療と助成金について学ぶ

不妊治療には助成金がもらえます。

不妊治療にかかる費用

不妊治療は、タイミング療法やクロミッド療法や排卵を誘発するHMG-HCG(FSC-HCG)療法までは保険が適用され、一回の治療費は3割負担の数千円程度です。
しかし人工授精や体外受精といった、高度生殖医療を受けるとなると保険は適用外になってしまいます。
保険の効かない自由診療になると、治療費はクリニックごとに違ってきますが、人工授精の場合の費用の目安は1万円~3万円程度、体外受精の場合は20万円~60万円と幅があります。

体外受精の場合、費用は検査費用と薬剤費とに分かれており、人によって行う検査や薬の量が違ってくると費用も変わってきます。また、凍結卵の凍結費用や、卵のハッチング(孵化)の費用なども、人によって別途かかってくる場合があります。
最終的にいくらかかるのかは、病院でカウンセリングを受けて、総額の費用の概算、費用の明細をしっかり聞き、話をすすめるようにしましょう。

特定不妊治療費助成金(2014年度改正)
妊婦
平成16年に厚生労働省による少子化対策の一環として、「特定不妊治療費助成金」という制度が設けられました。この制度を活用すると、体外受精や顕微授精などの特定の不妊治療の費用の一部が、国と地方自治体が補助してくれます。基本的に保険適用外の不妊治療が助成金対象となっているので、高額な費用を払う夫婦にとっては負担の軽減となります。

厚生労働省の定めた給付内容は、一回15万円、1年に2回を限度に5年間まで助成するとなっています。助成の対象となるのは、特定不妊治療でしか妊娠が見込めないと医師に診断され、法律上で婚姻関係にある夫婦となります。

自治体によって申請方法や要件は変わってきますが、東京都の場合はこの他に、都民であること、当該の年度内(4月~翌年3月末)に助成対象となる1回の治療を修了したこと、前年の夫婦合算所得が730万円未満であることなどが適用要件になっています。都道府県、指定都市、中核市などの事業実施主体の指定する医療施設を利用しなければいけません。

通算で助成の受けられる回数はこれまで、5年を限度に10回まで支給されましたが、2014年4月1日以降の治療から39歳以下は通算6回までで期間の制限なし、40歳以上の方は通算5回まで(初年度は3回まで)になりました。

2016年には助成金拡充

2016年度より助成金の給付は、42歳(43歳未満)までに制限されます。これは体外受精の出産成功率が、32歳までは約20%、40歳で7.7%なのに対し、45歳では0.6%と、加齢と共に落ち込むことや、43歳以上では50%が流産するなど高齢妊娠のリスクなどが背景になっています。

今後、不妊治療の助成金が拡大されます。
初回の治療に限って上限を現在の15万円から30万円に引き上げられ、さらに、男性側に原因のある場合、無精子症などの男性から精子を採取する手術に、上限15万円を助成する男性助成制度を実施します。




男性の原因

不妊の原因の約半数は男性も関わっている
不妊治療は女性だけの問題といった誤解もありますが、不妊の原因に男性が関わっている割合も、全体の症例の約半数となっています。しかし不妊治療の行われる全国の婦人科クリニックで、夫婦で初回治療に訪れる例はまだ少ないといわれています。 現状では医療の受け入れ側にも問題があり、男性不妊の専門医も2013年時点で、全国に46人しかいません。そのため男性が不妊治療を積極的に受けたいと思っても、待ち時間が長くなってしまう可能性もあります。 夫婦間で不妊治療の話が持ち上がったら、男性もまずは一緒に病院を受診してみましょう。

男性不妊の原因1位:精索静脈瘤

男性不妊のほとんどは、精子が少ない乏精子症か、精子がいない無精子症とに分類されます。
引き起こされる原因は、精索静脈瘤、造精機能障害、鼠径(そけい)ヘルニア手術、精巣上体炎、先天性精管欠損など様々な原因があります。この中で最も多いのが、精巣の静脈の血液が逆流して、こぶのようなものができる精索静脈瘤です。
精索静脈瘤は不妊の男性の25~40%程度にみられます。 陰嚢に精索静脈瘤があると、通常32~34℃に保たれている精巣の温度が高温になってしまい、精巣機能を低下させます。治療には手術で静脈をしばってしまう方法か、静脈につめ物をして血液の流れをせき止める方法とがあります。精索静脈瘤の治療は精子の質の向上にもつながるので、体外受精や顕微授精などの成功率にも影響を与えるといわれています。
また、精索静脈瘤の治療をした原発性無精子症の患者さんが、精子を作るようになることがあるという報告もされています。アメリカの泌尿器科学会の報告でも、精索静脈瘤手術を受けたグループの自然妊娠率が高まり、体外受精や顕微授精が必要になった割合が、精索静脈瘤の治療を受けなかったグループの約半分であったとも報告されています。
不妊の原因の半数は男性にもあるのですから、男性も積極的に受診し一緒に治療を開始していかなければ、貴重な時間を無駄にして、今度は女性の卵子の老化も進んでしまいます。また、顕微授精などの治療でも、精子の質がやはり成功率に影響してきます。
医療機関によっては、このような男性側の根本治療をすることなく体外受精を積極的にすすめるところもありますが、女性側だけに負担やリスクを強いる治療は見直すようにしましょう。

顕微授精

顕微授精は1992年に始まった新しい治療法で、主に男性不妊の場合の治療法として行われる体外受精の方法です。精子の数が少なかったり、運動率が低い、奇形率が高いといった場合は、通常の体外受精では受精率をあげることができませんでした。

そこで取り出した卵子に、顕微鏡で観察しつつ精子を直接注入し受精させるのが、顕微授精による治療法です。現在行われている顕微授精のほとんどは、『卵細胞質内精子注入法(ICSI/イクシー)』が用いられています。

顕微授精の対象になるケース

顕微鏡で元気に運動し形が正常だと思われる精子をひとつ選びますが、この選んだ精子がベストな精子かどうかは明確に検査することはできません。
これまでのところ、胎児の安全性や染色体異常は、通常の体外受精と比べて多いとまではいわれていませんが、新しい治療法であるため、分からない部分も未知数のリスクとしてあります。

  • 精子無力症 ・重症乏精子症 ・奇形精子症 ・抗精子抗体陽性の場合
  • 精巣上体精子または精巣精子を用いる場合
  • 原因不明の受精障害

このような症状が見られる男性不妊や、原因は不明だけれども通常の体外受精では受精しない場合、最終的に用いられる治療法です。

顕微授精(ICSI/イクシー)の流れ

女性の体内から卵子を取り出す課程は、胚移植による体外受精の時と同じです。胚移植では、卵子1個と精子5~10万個をシャーレの中で一緒にして、15~20時間くらいの時間をおいて自然に受精させます。ICSIでは運動率のいい精子を1つだけ選び、1個の卵子に直接注入します。
授精を行う際は、「ヒアルロニダーゼ」という酵素を用いて、採卵した成熟卵子の周りにある顆粒膜細胞をとりのぞき、卵子のみの状態にします。
精子の採取は、精液から取ることができない場合は、精巣上体や精巣から、精子や精細管組織の一部を採取し、顕微鏡で精子を探します。精子の選別は、顕微鏡で観察するオペレーターの経験や技術に左右されます。精子を選別する際、ヒアルロン酸を用いた精子の成熟度検査を行っているクリニックもあります。
これは成熟した精子だけが、ヒアルロン酸に結合するという性質を応用し、より客観的に選別を行えます。

人工授精と体外受精

現在不妊治療は目覚しく進歩しています。昔は注射を大量に使って排卵誘発させたり、人工授精といった治療法やタイミング療法などがメインでしたが、36歳以上の女性の場合の成功率は低いものでした。また女性の体への負担も大きいものでした。
現在では、胚移植や顕微授精といった最新の体外受精による治療法が用いられています。

人工授精と体外受精を混同している方もいるようですが、人工授精とは、子宮に男性の精子を注入する方法です。
一方体外受精は、女性から良質の卵子を取り出し、人工的に受精させた受精卵(胚)を女性の体に再び戻す方法です。胚移植(IVF-ET)は体外受精の中で最もよくおこなわれる方法です。

現在は胚盤胞移植法といって、受精卵を5~7日培養し発育させ、着床する直前の胚盤胞の状態にしてから子宮に戻す方法がよく用いられます。

hCGを使わない体外受精の検討も

卵子を採取する際は、通常hCGという排卵を促すホルモンの注射をし、それに合わせて採卵します。注射をすると36~40時間以内に排卵されます。hCGは後に胎盤になる絨毛から分泌されるホルモンで、これを注射すると妊娠と同じ状態を作りだしてしまいます。
副作用として、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起こることもあり、女性の体には非常な負担を与えます。hCGによる排卵誘発を何度も繰り返していると、妊娠すること自体が難しくなっていきます。このためhCGを一切使わずに、スプレキュアという黄体化ホルモン(LH)を抑える点鼻薬のみを使って採卵を行うクリニックもあります。
そうしたクリニックでは、なるべく自然に近い周期で1~3個だけ良質の卵子を採取し、1個だけを体外受精させます。採卵時に麻酔も不要で、わずか20~30秒程で採卵が終わります。
より自然に近く、より女性の体に負担が少ない方法といえそうです。

また採卵する際は、事前にhMGというホルモンを投与します。hMGは女性の卵巣を刺激し、卵胞の成長を助ける役目があります。しかしたくさん投与すればいい卵子になるというわけではありません。むしろ多用すると、排卵されない卵胞が残って次の生理周期で作られる、卵子の質を低下させてしまいます。体外受精での治療を受ける際は、hMGやhCGを多量に投与される一般的な治療法のリスクも踏まえておく必要があります。

体外受精での治療は、一般的に難治性の不妊に対して行われる治療法です。
不妊の原因を色々さぐり、治療内容をステップアップしていき、最終的に体外受精による治療が試みられるのが一般的です。
ステップアップ治療に関しては、時間を無駄にしないためにも、最初の段階で体外受精を即試すべきだというクリニックもあります。
治療の際は、複数の病院からセカンドオピニオンを求めていくのも大事なことでしょう。

不妊症になりやすい症状

卵子の質は、加齢と伴い低下してしまうという厳しい事実があります。
結婚し子づくりを始めても、1年以上妊娠しない場合は、すぐに病院で検査してもらうことをおすすめします。
また不妊症になりやすい以下のような症状を持っている方は、1年と言わず、少しでも早く受診される方が望ましいでしょう。もしも不妊症であった場合、早期に治療を開始することで、無事に妊娠できる可能性が高まります。
特に女性が35歳以上である場合は、早めに病院に行く決断を強く持ちましょう。

胎児

女性の不妊症になりやすい症状

  • 月経周期の異常がある

    月経の周期が39日以上あく、もしくは数ヶ月に1度しかこない場合、逆に24日以内に来るなど極端に短い場合。月経周期の異常では、排卵されていない場合があります。基礎体温をつけて調べるなど、自分で排卵の有無を確認し、異常があれば早めに受診しましょう。

  • 月経の量の異常

    月経の量が極端に多い場合や、生理の期間が8日以上続くなどの場合、子宮筋腫などの異常がある場合があります。逆に月経の量が極端に少ない場合や、生理期間が2日以下など短い場合は、排卵していなかったり、子宮の内腔の一部が癒着している可能性があります。過去に流産や中絶を経験している方は、処置の不備でこうした癒着が起こってしまう場合もあります。
  • 酷い月経痛や月経時の下痢症状

    月経の時や性交時に、以前は感じなかった痛みが出てきた場合は、子宮内膜症の症状の可能性があります。子宮内膜症によるチョコレート嚢胞がある場合、卵子の老化も早く進むといわれています。
  • 性感染症、骨盤腹膜炎の既往歴がある

    以前にクラミジアや淋菌といった性行為感染症や、骨盤腹膜炎を発症したことがある方は不妊症のリスクがあります。腹部の手術で腹膜炎や腸閉塞を起こしたことがある方は、卵管異常を引き起こしている可能性があります。
  • 子宮筋腫、子宮内膜症がある

    健康診断などで子宮筋腫や子宮内膜症を指摘されている場合は、即受診しましょう。

男性の不妊症になりやすい症状

  • 子供のころヘルニアの手術や、停留睾丸の手術を受けている

    子供のころに、こうした既往症があると、精管の異常や精子の減少を招く可能性があります。
  • おたふく風邪に罹患したことがある

    おたふく風邪で高熱を出し、睾丸炎を起こしたような場合は、造精機能が極端に低下している可能性があります。
  • 糖尿病がある

    糖尿病によって勃起障害や射精障害などの性機能障害が起こる場合があります。症状が進むと、造精機能が衰えます。

不妊症の主な原因

結婚した夫婦が避妊せず定期的に性生活を送っていれば、1年で80%、2年以内では90%ものカップルが妊娠にいたっているというデータがあります。この結果からも、2年以上妊娠できなければ、不妊症であると診断されます。 妊娠に至るまでには、射精、排卵、受精、着床というプロセスが必要で、このどれに不具合があっても正常に妊娠をすることはできません。

女性側に原因がある場合が41%、男性側に原因がある場合が24%、そして男女共に原因がある場合も24%となっています。
このように男性が原因に関わってくるケースは、全体でみると夫婦の約2組に1組と約半数にのぼります。不妊症の検査は男性、女性両方受ける必要があります。

女性側の主な原因

  • 卵巣の異常
    卵巣機能不全、無月経、無排卵出血、稀発月経、頻発出血など 排卵障害で卵子が出てこないと受精できません。
  • 子宮の問題や異常
    筋腫、子宮内膜症、奇形、発育不全、アッシャーマン症候群など 子宮の発育不全や内膜症があると、正常に受精卵が着床しません。また中絶や流産の時の処置が乱暴で、子宮内膜に傷がついてしまい子宮内膜の異常を起こしてしまうのがアッシャーマン症候群です。
  • 卵管の異常
    狭窄、癒着、閉鎖、水腫など。 不妊症の30%は卵管障害だといわれています。
  • 内分泌ホルモン異常
    強いストレスなどを感じると、生殖ホルモンの分泌に異常が起こる場合があります。

※ホルモンバランスの異常はプラセンタ、子宮内膜症の治療などはピクノジェノール(海外では医薬品扱い)などが配合されたサプリメントが有名です。

男性側の主な原因

  • 精巣の問題
    無精子症、精子減少症など精子の異常
    男性不妊の原因の80%をしめます。無精子症には、精巣が精子を製造しない「非閉塞無精子症」と、精子が製造されても精巣を出て行かない「閉塞無精子症」とがあります。精巣や精巣上体に精子があれば顕微鏡受精が可能です。
  • 勃起障害などの性交障害
    勃起障害などのEDや性欲低下などによる性交障害などで、性交自体が不可能だったりセックスレスになるケースです。ストレスや生活習慣が要因になっていることもあります。
  • 精路閉鎖(精管通過障害)
    「精索静脈瘤」「閉塞性無精子症」「精巣上体炎」「膿精液症」の4つの精管通過障害があります。精子の通り道である精管が、感染症や先天的な原因で狭くなってしまったりする障害です。
  • 内分泌ホルモン異常など
    内分泌ホルモン異常や、稀に高熱により造精機能の低下を招く場合があります。




10組に1組が不妊症に悩む

不妊症とは、男女が避妊をしないで性生活を送っていても、2年以上妊娠しない期間を持つものとWHO(世界保健機構)では定められています。
女性が一番妊娠しやすい年齢は20歳前後といわれていて、年齢を重ねるごとに妊娠しづらくなっていきます。

近年日本では晩婚化が進み、女性の平均初婚年齢が28.8歳となり、第一子の出産年齢の平均は29.9歳となりました。

30年前の統計では、それぞれ25.2歳と26.4歳でしたから、1980年代と比べて3歳以上も出産時の平均年齢があがっています。晩婚化の影響と共に、不妊率も上昇しています。現在では子供を望むカップルの10組に1組が、不妊症に悩んでいると報告されています。

女性の年齢と卵子の関係

094058卵子の細胞は加齢と共に減っていき、増加することはありません。
卵子の元になる卵母細胞は、女性がまだ胎児として胎内にいる頃が最も多く、胎生5ヶ月頃で約700万個の細胞があります。

その後減少していき、出生時には約200万個、初潮を迎える思春期で約30万個となり、37歳を過ぎるあたりから急速に減少し、50歳頃で1000個以下となって閉経します。 また加齢に伴い、卵母細胞の染色体不分離異常が起こり、卵子の染色体異常が増加します。

このような染色体の異常による卵子の質の低下は、妊娠率の低下につながります。受精してもその後の胚発育の悪化を招き、35歳以上になると妊娠率の低下だけでなく流産率が増加します。

胚移植による治療でも、自分の卵子を使っての治療の成功率は、30代後半から急速に下がっていきます。

一方若いドナーから卵子の提供を受けた場合の治療の成功率はあまり変わりません。この結果から、加齢に伴う妊娠力の低下は、卵子の質が低下したことが原因だとわかります。

WHOの定義にあるように、もし性生活を2年以上普通に持っていても妊娠の兆候がなければ、思い切って病院を受診することをおすすめします。

年齢があがるほど、治療は難しくなっていくので時間との戦いにもなってしまいます。しかし近年では、女性にだけ一方的に不妊の原因があるのではなく、男性側が原因になっている場合も多くあることがわかってきました。

もし不妊治療を決意されたら、パートナーである男性も一緒に受診し、共に乗り越えていく必要があります。









マガジン関連キーワードから探す


注目!プラセンタとは?人気の記事はこちら




不妊治療と助成金について学ぶへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

品川スキンクリニック札幌院へのくちコミ・評判 (かこさん)

品川スキンクリニック札幌院はお勧めです。私はここしか行きません。今日も行って来ました。

院長先生。凄く素敵な方。イケメンです。なのに高飛車では全然ありません。

凄く優しくて親身にカウンセリングをして下さります。童顔になりたいです。と無理な恥ずかしい私の相談にも答えてくれます。
看護士さん。受付の方々も優しくて通いやすいです。
1ヶ月に一回は通ってます。

幹細胞と卵子へのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] 不妊の原因には実にさまざまな原因があります。もともと先天的に遺伝子が欠落しており、受精しても正常に赤ちゃんの身体を形成できない場合。 また、女性では子宮や卵管など、男性では射精に至るまでの道のりや器官に不具合があり、正しく精子や卵子を射精、排卵できなかったり、受精した後子宮の中で維持できない場合。 […]

幹細胞とはへのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] そこで注目されているのが、幹細胞を使用した不妊治療です。幹細胞とは、細胞がそれぞれの部位で、組織の役割を担う前の、役割が決まっていない細胞のことを指します。 もし、この幹細胞を特定の指定した臓器や物質に成長させることができれば、より具体的にいうと、健康な機能をもった精子や卵子、あるいはそれを作り出す臓器として成長させることができれば、加齢により正常に精子や卵子が生成できなくなったケースにおいても、十分に治療が可能となります。 なにより、自分自身のDNAをもった自分の幹細胞を使用することにより、他人の組織を使用する際に問題となる拒絶反応などを気にすることなく、正真正銘自分自身の細胞として使用することができるため、生殖医療においては代理母などを使用せず、より確実に出産できるというメリットが期待されているのです。 […]

自分の細胞から作る化粧品とは?へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

幹細胞コスメ(化粧品)へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報