この記事は約 3 分で読めます。

老化ホルモンとは?インスリンの事であってますか?

ストレスを抱える男性

 ホルモンと言うと、一般的には若返りに効果があるように受け取られていますが、実は、老化を促進させる働きを持つ、「老化ホルモン」もあることをご存知ですか?

老化することは生き物として当然のことですが、できることならいつまでも健康で若々しくありたいと誰もが願っているはず。ここでは、老化ホルモンとは何かを知り、老化ホルモンを抑制する方法を考えてみましょう。

インスリン

 
老化ホルモンの一番手は、インスリンです。インスリンと言うと、糖尿病との関連で耳にしたことがあるのではないでしょうか。血糖値を下げる働きがありますが、逆に過剰になると肥満をはじめとするさまざまな障害を引き起こす事もあります。

血糖値を下げる

ご飯、パン、麺など毎日の食事で摂取した糖質は、体内で消化されてブドウ糖や果糖に変化し、血液の中に取り込まれて体じゅうに運ばれます。血液中のブドウ糖の濃度を示したのが、「血糖値」です。

血糖は、すい臓から分泌されたインスリンによって細胞に取り込まれて、身体を動かすエネルギー源に変換されます。

インスリンは血糖値が高くなると分泌が増えて、血糖値を下げてくれるのですが、正常に機能しないインスリンは体にさまざまな悪影響をあたえます。プラセンタに含まれる成長因子の中には「インスリン様成長因子IGF」が含まれておりインスリンの働きを正常化させる効果があります。

こういった意味で、血糖値が高めの方にもプラセンタが役に立ちそうですね。







老化を進めるインスリン

インスリンの分泌が盛んなのは、血液中の糖が過剰な証拠。このとき、過剰な糖とたんぱく質が結合する「糖化」が発生します。また、血液だけでなく血管や皮膚、骨を含む体全体で老化が進む結果になりますので、インスリンの過剰分泌には注意が必要です。

加増な分泌は肥満の引き金に

インスリンは食べ物が豊富にある環境では、糖を脂肪分に変える働きにより「肥満ホルモン」として機能してしまいます。インスリンが正常でないと肥満のもとになるのです!

コルチゾール

副腎皮質で作られるホルモンのひとつ、「コルチゾール」も老化ホルモンとして注目されています。

コルチゾールの需要が過剰になると、同じ副腎皮質で作られるホルモンの「DHEA」の分泌が相対的に減少。

このため、DHEAから作られる、エストロゲンやテストステロンといった若返りホルモンの量が減ってしまうのです。また、コルチゾールは抗ストレスホルモンとしての働きもあります。

コルチゾールの分泌が多いということは体の中のあちこちでストレスが原因の炎症が起きている証拠。これが原因で老化が進んでしまいます。
 

老化ホルモンを出さないためには?

 老化ホルモンが出る原因は、血糖値の上昇や、ストレスの増加。すなわち、血糖値の上昇を抑え、ストレスを増やさないようにすれば、老化ホルモンを抑えることになります。

毎日の適度な運動と、血糖値が上がりやすい食べ物は控えるように致しましょう。その他、ビタミンサプリメントも上手に使って賢く老化予防しましょう。









ホルモン関連キーワードから探す


注目!プラセンタとは?人気の記事はこちら




老化ホルモンとは?インスリンの事であってますか?へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

品川スキンクリニック札幌院へのくちコミ・評判 (かこさん)

品川スキンクリニック札幌院はお勧めです。私はここしか行きません。今日も行って来ました。

院長先生。凄く素敵な方。イケメンです。なのに高飛車では全然ありません。

凄く優しくて親身にカウンセリングをして下さります。童顔になりたいです。と無理な恥ずかしい私の相談にも答えてくれます。
看護士さん。受付の方々も優しくて通いやすいです。
1ヶ月に一回は通ってます。

幹細胞と卵子へのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] 不妊の原因には実にさまざまな原因があります。もともと先天的に遺伝子が欠落しており、受精しても正常に赤ちゃんの身体を形成できない場合。 また、女性では子宮や卵管など、男性では射精に至るまでの道のりや器官に不具合があり、正しく精子や卵子を射精、排卵できなかったり、受精した後子宮の中で維持できない場合。 […]

幹細胞とはへのくちコミ・評判 (幹細胞と不妊症の関係さん)

[…] そこで注目されているのが、幹細胞を使用した不妊治療です。幹細胞とは、細胞がそれぞれの部位で、組織の役割を担う前の、役割が決まっていない細胞のことを指します。 もし、この幹細胞を特定の指定した臓器や物質に成長させることができれば、より具体的にいうと、健康な機能をもった精子や卵子、あるいはそれを作り出す臓器として成長させることができれば、加齢により正常に精子や卵子が生成できなくなったケースにおいても、十分に治療が可能となります。 なにより、自分自身のDNAをもった自分の幹細胞を使用することにより、他人の組織を使用する際に問題となる拒絶反応などを気にすることなく、正真正銘自分自身の細胞として使用することができるため、生殖医療においては代理母などを使用せず、より確実に出産できるというメリットが期待されているのです。 […]

自分の細胞から作る化粧品とは?へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

幹細胞コスメ(化粧品)へのくちコミ・評判 (幹細胞化粧品に副作用はある?さん)

[…] 幹細胞化粧品の多くは、実際に人間の幹細胞を抽出し、それを培養して作られています。 一見すると、対人間ですので、非常にマッチ思想に感じますが、肝心の副作用はないのでしょうか。ヒト由来幹細胞化粧品の場合、まず他の化粧品のような化学物質によるアレルギー反応や免疫反応に関するアレルギー反応はかなり抑えることができると考えられます。 もともと人体にはないエキスを浸透させるのが従来の化粧品であり、当然体質によってはその物質に対して過剰に反応してしまうヒトというのはどうしても一定数でてきてしまいます。 しかし、実際のヒト由来の細胞を使用することで、極限まで無駄な物質を使わないようにすることは、浸透した後よりトラブルなく効果的に働いていくことができる確率を上げています。また、自分の幹細胞由来の化粧品というものも発売されており、こうしたものの場合には、元が自分の組織であるだけに非常に理想的であるといえるでしょう。 […]

プラセンタ注射がうてる全国のクリニックの口コミ情報